育毛対策とダイエットを同時に行うこと

私は中年になってから髪の毛が薄くなってきたことが悩みなのですが、もう一つ肥満になってしまったことも悩んでいます。

他人から見るとおデブになって髪の毛の量が減っているのですから、かなり高齢に間違われるようになりました。

この状態が気に入らないので、育毛対策をやり始めたし、同時に体重を減らす為に摂取カロリーを減らす生活を続けています。

育毛対策を重視するならタンパク質を多く摂取する方が良いのです。

薄毛の原因として、情報サイトに書かれていたのは「生活習慣」と「頭皮環境の悪化」の2つでした。

生活習慣の中には当然食生活も含まれます。

髪の毛の主な成分はタンパク質がなので、この栄養素をきちんと摂取することが必要となるのです。

しかし、タンパク質となる動物性の肉類や乳脂肪などは、牛丼にハンバーグやチーズなどであり、太ってしまう食べ物に多いのです。

これらを食べないようにダイエットをしていると、タンパク質の摂取量に問題が出てくる可能性があります。

ただ、植物へのタンパク質というのがあって大豆食品などを摂取することで、肉類で摂取するタンパク質が補給できるのです。

しかし肉類のタンパク質とは違って含まれているアミノ酸の分量が変わってきます。

私達の体は自分の体で作り出すことの出来ない必須アミノ酸を体外から摂取する必要があるので、やはり肉類の摂取は欠かせないのです。

そのような兼ね合いがあるので、体重を減らしつつ育毛対策をしていくのは、栄養士レベルの知識が必要となり、良い栄養成分の食材を美味しく調理する知識や経験も求められるのです。

やはり、スキンクリニックでの専門医に相談してAGA対策を進めるのが安心ですね。
>>噂のAGAスキンクリニックの評判を確かめる