株初心者サポーターブログ 株を始めるにあたって、初心者は株の買い方や口座の開設方法、買える株の単位、利益の種類などを最低限知っておきましょう。

初心者は必見!株の基礎知識

資産運用の一環として株式投資をおこなう人は割と多いです。

ですから株式投資は資産運用にある程度有効な手段であると言えるでしょう。

しかし株の初心者の場合、まず何から勉強したら良いのか、中々わからないものです。

株を始めるにあたって最低限知っておきたいこととは何なのでしょうか。

◎投資のやり方

まずは取引用の口座を作りましょう。

口座開設は無料で、証券会社やネットで手続きができます。

口座を開設したら、銘柄を選びます。

どの企業の銘柄を選ぶかは自分次第ですが、まずは有名企業やメーカーなどから初めてみるのがいいでしょう。

《まずは投資ゲームで練習という方法も!》https://www.k-zone.co.jp/td/

さて、銘柄が決まったらいよいよ投資です。

証券会社に「注文」というかたちで株を買うことができます。

◎いくらで買えるの?

通常、株は「単元」という単位で定められていることがほとんどで、100株で1単元とされている銘柄がほとんどです。

1株1000円の場合は1単元で10万円ですから、そのぐらいの資金は用意しておきましょう。

初心者だから資金も少ないし、少額から始めたいという人は「ミニ株」の制度を利用しましょう。

ミニ株は1株から買えるため、練習がてら投資をするには最適でしょう。

ただし、ミニ株を取り扱っていない証券会社もあるので注意しましょう。

◎利益は二種類

投資で得られる利益は、株を売ることによって得られる「キャピタルゲイン」と配当金などで得られる「インカムゲイン」の二種類があります。

初心者はキャピタルゲインに目がいきがちですが、大事なのは「トータルでいくら利益を出すか」です。